男の人

高額慰謝料で有利に離婚を成立させる|弁護士の助力が必要不可欠

有利な証言をしてくれる

男女

離婚問題専門の弁護士は、どうしても別れたい相手を法廷に別れさせるため、さまざまな助力を行なってくれます。家庭裁判所での離婚調停で、依頼者に有利となる証言をしてくれるため、慰謝料請求や財産分与、子供の親権獲得なども行なえるようになります。

詳しくはこちら

確実にお金を取り戻す

紙幣

利息制限法の改正によって、現在過払い金問題がメディアでも多く取り上げられています。しかし、個人で過払い金の請求を行なったとしても、相手の会社はまともに対応してくれないでしょう。京都の弁護士事務所に相談することで、時効までに確実に過払い金の払い戻しを行なってくれます。

詳しくはこちら

時効前に請求できる

夫婦

どれだけ愛し合った結婚相手でも、長年一緒に生活することで相容れない問題が発生することがあります。相手の不倫が発覚した場合や正確の不一致によるストレス、さらにはお酒によって暴れるなど、相手に愛想を尽かしてしまうこともあるのです。離婚は一般的に相手との同意がなければ行なえませんが、離婚調停によってこちらの訴えが認められれば、同意がなくとも法的に相手と別れることができるでしょう。しかし、法律に関する知識が全くない一般の人ですと、法廷できちんとした証言を行なうことは難しいものです。相手と確実に別れたいと考えているならば、専門の弁護士に相談するとよいでしょう。相手の不倫など、離婚を要求するに足る明らかな証拠があれば、高額な慰謝料を請求することもできるのです。

離婚問題を専門とする弁護士は、離婚の成立後の慰謝料請求も行なってくれます。相手との合意を得て離婚したあと、相手がすぐに別の女性と結婚をした場合、こちらが知らない間に別の女性と不倫していた可能性があります。もしも離婚する前から不倫を行なっていたことが証明できれば、後から慰謝料を請求することもできるのです。一般的に慰謝料請求は時効があり、三年が経過すると請求を行なうことができなくなります。専門の弁護士に依頼することで、時効前に慰謝料を確実に請求することができます。内容証明などを法廷に申請することで、時効をストップさせることもできるため、時効が近いという人は速やかに弁護士へと相談しましょう。

お金の問題に対処する

喧嘩

各世代の中でも離婚率が高いのが、いわゆる熟年層と呼ばれる世代です。離婚するとなると収入面が不安定になるほか、老後の問題も加わるため、なかなか踏み切れないという人も多いものです。専門の弁護士に相談することで、財産分与や厚生年金の分与により、生活を安定化させてくれます。

詳しくはこちら